Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kunugikoubou.blog82.fc2.com/tb.php/26-8bd160fd

-件のトラックバック

-件のコメント

[C9] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

●10月30日(木)晴天:アブラムシの駆除

こんにちは。檪工房です。

このたび、【趣味の木工 檪工房】の、ショッピングカートを新設いたしました。

●商品がカテゴリーごとに別れ、検索機能もありますので、お目当ての商品が見つけやすくなりました。
●SSL技術の導入により、お客様の個人情報は暗号化されるため、安心安全にお買い物ができます。


掲載商品数はまだ少ないですが、今後随時UPしていきますので、よろしくお願いします!


さて、先日の記事にて、ビオラにアブラムシがついてしまったことはお話しました。
今日は、そのアブラムシの駆除についてです。

《アブラムシとは》
アブラムシは、体調2ミリ程度の小さな虫です。
新芽の辺りに群れて潜んでいて、よく見ないと発見できません。
花が咲かなかったり、株自体に元気がない場合は、要注意です。
私の場合、何種類か植えた中の一部が、他と生育が違っていたため、発見できました。

↓ツバキについたアブラムシ
2008.10.30アブラムシ

《アブラムシの駆除方法》
まずは、家にあった農薬を散布しました。
●【スミチオン乳剤】です。
このタイプの薬剤は、薬剤を1000倍に薄めて使用するなど、手間がかかる上、喉がイガイガするような刺激臭があります。
でも、まだ苗の状態のビオラです!このまま枯らしてしまってはもったいない。我慢して散布しました。

3日後。

駆除できていませんでした。
しかも、アブラムシが成虫の状態(茶色)になって、いるではありませんか!

もう、スミチオンの刺激臭には耐えられないので、取りあえず
●ピンセットでつまみました。
実際、これが一番の方法です。
でも、新芽の間に潜むアブラムシまで取ろうとすると、新芽そのものを傷つけてしまうので、注意が必要です。
また、アブラムシはどんどん発生するので、一度駆除したと思っても、潜んでいたアブラムシが再び大発生なんてこともあります。

2日ほどピンセット駆除をした後、薬剤を購入することにしました。

●なんといっても、これ【オルトラン粒剤】
2008.10.30オルトラン粒剤 200g
多少臭いがありますが、室外であれば問題ない程度です。
一度撒くと、薬剤が根から吸収され、葉や花へ浸透していくので、長く、確実に効きます。
実際、撒いてからはアブラムシは消えました。
それに、株元に撒くだけなので、非常に手軽です。

●こんな商品も【モスピラン・トップジンMスプレー】
2008.10.30モスピラン・トップジンMスプレー 420ml
こちらは、なんと、アブラムシなどの害虫のほか、うどんこ病などにも効果があるスプレータイプの薬剤です。
草花用と、野菜用があり、今回は野菜用を購入しました。
野菜用の方が何となく安全かな。と、思いまして。
こちらは、病気の予防も兼ねて、あちらこちらに散布しました。

効き目は・・・いまいち。

アブラムシには、【オルトラン粒剤】が最適です。
お困りの方は、是非使って見て下さい。

ガーデニング初心者の檪工房サイト管理者でした。

【趣味の木工 檪工房】~手作り木製品とログの店~
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kunugikoubou.blog82.fc2.com/tb.php/26-8bd160fd

0件のトラックバック

1件のコメント

[C9] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。