Entries

スポンサーサイト

●6月23日(月)雨:庭木の剪定

今日はくぬぎ工房の四季には欠かせない庭木の剪定作業をお伝えします。剪定とは・・・樹木の枝を切り、形を整えたり、風通しを良くする事。そして、来年の花付きを良くする為の重要な作業です。もし剪定をしなかったら、庭木はうっそうと茂り、見た目も悪くなります。風通しが悪くなり、病気をしたり、枯れてしまう植物も出てきてしまいます。今回は、花の終わったツツジとサツキの剪定です。ツツジの剪定時期には少し遅いですが、...

●6月18日新ワイルドログテーブル(ベンチ)の簡単組立方法

サイトでご紹介している組立方法の他に、金具を利用した商品がございます。そちらの商品の組立方法をご紹介いたします。その前に・・・【組立時のご注意】 !商品により、重量がかなりある場合がございます   当店の商品は天城山で育った丸太を当社工場内にて製材した木材を利用しています。贅沢な厚みが魅力の商品です。それだけに、重量もあります。一般女性でも持てないことはありませんが、慎重な取扱をお願いします。  ...

●6月17日(火)曇:焼き入れした板のその後

先日ご紹介した板の焼入れの様子のその後です。敷き詰めて焼き入れした板でしたが、こんな形にそろえられていました。両サイドには穴が開けられています。治具を使って早速組立加工です。まだこんなにたくさんの板があります。実はこれは全体の半分程度。この倍の板を使って、何かを作っています。くぬぎ工房の手づくりの様子、お伝えしました。完成品は後日ご紹介いたします。趣味の木工檪工房のサイトへ(木製グッズの通販サイト...

●6月14日(土)晴:紅色の愛らしい花が魅力の紅(くれない)山あじさい

あじさいの発色が目にまぶしい季節です。今日は私のお気に入りの山あじさいをご紹介します。最近では、紫陽花も様々な種類が出回っていますが、こんなあじさいはご覧になったことがありますか?これは日本原産の種で、なるほど日本らしい落ち着いた趣があります。はじめは白く、だんだんと縁から落ち着いたピンクに色付き、濃い紅色になってゆきます。西洋の品種と違い、太陽には強くないので、半日陰で乾燥しない場所に植える事が...

●6月11日(水)曇時々雨:板焼き入れの様子

今日は、焼き入れの様子を写真でご案内します。昨日弊社工場内で、板を焼き入れしました。木目がくっきり出ている方は、杉です。ガスバーナーで焼き入れします。焼くことにより、腐りにくくなります。ずらりと並べて一気に焼き入れしました。さて、この板がどのような製品になるのか・・・また後日お知らせします。...

●6月3日(火)曇:5月中旬からの花、サツキ

とうとう6月に入りました。庭木や花たちも、季節ごとに移り変わっています。今、くぬぎ工房の近辺では、サツキと紫陽花のシーズンです。写真はサツキです。詳しい種類は調べていませんが、ツツジでは無い事は確かです。と言うのも、『今年はあまりツツジが咲かないなぁ』などど思っていました。ところが実は、ツツジとサツキが混栽されていて、4月ごろに咲いたのはツツジ。少し遅れて5月中旬より咲いたのがサツキだったことが分...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。